Dogcat.jp 店長日記

このブログはペットフードショップ「Dogcat.jp」の店長が送る、ペットの事、ペットの食事、盲導犬ボランティアの事を書いていくブログでございます。

2006-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20:アイリッシュ・セター

図鑑No.20

名前:アイリッシュ・セター




原産国:アイルランド

大きさ:大型犬

カラー:マホガニーかあざやかな栗色


歴史:アイリッシュセターが一般的に知られるように成ったのは18世紀の初めの事。それから百年の間にイギリス諸島全域でポピュラーな犬になった。当時この犬のレッド一色の毛色はブラックの犬とは徹底的に隔離された、今でもアイリッシュセターとされるのは毛色が赤系統の物だけである。




性格:明るく活発で、飼い主に愛情深く甘えん坊。
スポンサーサイト

19:ゴードン・セター

図鑑No.19

名前:ゴードン・セター



原産国:イギリス

大きさ:大型犬

カラー:ブラック&タン。タンマーキングの色調は栗色かマホガニー

歴史:スコットランドにはかなり古くからいる犬種で1620年には作家マーカムが「もっとも過酷な労働に耐える犬」として賞賛している、元々ブラック&タンセターと呼ばれていたが、1820年代に4代目ゴードン伯爵の犬舎から登場した犬が卓越した能力を持っていたことからゴードンセターと呼ばれるようになった。




性格:履行で勇敢、機敏

18:イングリッシュ・セター

図鑑No.18

名前:イングリッシュ・セター


原産国:イギリス

大きさ:大型犬

カラー:白地にブラック、レモン、オレンジ、レバーの小さい斑が全身に散在

歴史:400年も前からイギリスで、鳥猟犬として訓練されていた。又祖先はスペイン原産のランドスパニエルの古代種と言う説もある。スパニッシュポインター、大型のウォータースパニエル、スプリンガースパニエル等を交際させ作られた。




性格:友好的で忍耐強い

17:ラブラドール・レトリーバー

図鑑No.17

名前:ラブラドール・レトリーバー



原産国:イギリス

大きさ:大型犬

カラー:ブラック、チョコレート、イエローの単色

歴史:16世紀ごろ、北米大陸沿岸に出漁したイギリスや北欧の漁船に同乗し、カナダのラブラドール半島に渡った犬の末裔だと言う。長きに渡り厳寒な海辺で海中に流れた網を探したり、網からこぼれた魚を捕らえて運ぶ仕事をしていた。厳しい環境から強い被毛と我慢強い性格が形成されたのだろう。犬種名は地名から来ている。



性格:穏やかでやさしく飼い主に従順

16:フラットコーテッド・レトリーバー

図鑑No.16

名前:フラットコーテッド・レトリーバー



原産国:イギリス

大きさ:中型犬

カラー:ブラックかレバーの単色

歴史:19世紀初めにイギリスで誕生。ラージニューファンドランドやセター。牧羊犬、スパニエル型のの水中作業犬など、様々な品種を掛け合わせて、作られた。回収犬としての優秀な能力から19世紀後半から20世紀初めに人気を集めたが、ラブラドールやゴールデンの台頭により人気を失い、一時は絶滅の恐れもあった。


性格:明るく人懐っこい

15:ゴールデン・レトリーバー

図鑑No.15

名前:ゴールデン・レトリーバー


原産国:イギリス

大きさ:大型犬

カラー:あざやかで光沢のあるゴールド

歴史:詳しい出自は不明だが、1800年代獲物を回収する犬として、育成されたようだ。ツィードウォータースパニエルと細身のニューファンドランドが交配に用いられたとに使われたと見られる。19世紀中頃イギリス・ブライトンで興行していたロシアのサーカス団にいた犬が祖先犬ではないかとの説があるが、信憑性は薄い。水中での獲物の運搬が得意。




性格:温和で社交的

14:カーリーコーテッド・レトリーバー

図鑑No.14

名前:カーリーコーテッド・レトリーバー



原産国:イギリス

大きさ:大型犬

カラー:ブラックかレバーの単色

歴史:一般的にはイングリッシュウォータースパニエルや回収用セター(獲物を回収する事が目的のセター)の子孫といわれる。固い巻毛を持たせる為、プードルと交配が行われた事もある。19世紀末にはニュージーランドに輸出され、鴨やカンムリウズラの回収犬として使用された。オーストラリアでも鴨猟に使われ、高い評価を得ている。




性格:活発で陽気表情豊か

13:チェサピーク・ベイ・レトリーバー

図鑑No.13

名前:チェサピーク・ベイ・レトリーバー

原産国:アメリカ

大きさ:大型犬

カラー:濃いブラウンから淡いタン

歴史:ドイツ名をドイチェ・ドラートラハールという。優れた訓練しでもあったドイツ人が猟犬の理想像をめざして、目をつけたのがこの犬。ポインターとフォックスハウンドとプードルの長所を交配や技能訓練を通じて全てを注ぎ込んだ。その結果、丈夫な被毛とどんな獲物の隠れ家にも勝ち向かう勇気を持つようになった。



性格:サービス旺盛で、訓練好き、枯草色までのブラウン単色 輸入のみ ウェーブがかった被毛の水中作業犬 4 4 4 3 5 5 1807年一層のイギリス補選がアメリカ・メリーランド沖で難破した、この時乗組員と積荷と共に救出されたニューファンドランドの二頭の子犬と共にアメリカで、異種交配を重ね作り上げられた。イギリス以外の国で作出された唯一のレトリバー(獲物を回収する犬)だ。フラットコーテッドやカリーコーテッドの影響が見られる。

12:ビズラ

図鑑No.12
名前:ビズラ


原産国:ハンガリー

大きさ:大型犬

カラー:さび色がかった金色単色

歴史:ハンガリー原産の犬で、別名ハンガリアンポインターという。1000年以上前北方遊牧民族のマジャール人が現在のハンガリーに定住し始めた頃に家庭犬として持ち込まれた、。19世紀以降、イギリスやドイツのポインターの血が入ってますます優れた猟犬となった。ビズラと言う名前の語源はわかっていない。



性格:愛情深い

11:ワイマラナー

図鑑No.11

名前:ワイマラナー

原産国:ドイツ

大きさ:大型犬

カラー:鉄鼠色から銀灰色の色調のグレー単色

歴史:19世紀初頭に始めて登場した、歴史のまだ浅い犬種だ。ドイツ・ワイマール地方の貴族たちが野鳥狩りの為に他の猟犬の良い所を集めて作り上げた。ワイマラナーと言う名は此処から来てる。ジャーマンショートヘアードポインターとは近縁の関係となる。祖先犬の一つにブラッドハウンドがいるのでないかと言われている。


性格:人懐っこく従順

 | HOME | 

FC2Ad

 

ブログ内検索

月別アーカイブ

最近のトラックバック

最近のコメント

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。