Dogcat.jp 店長日記

このブログはペットフードショップ「Dogcat.jp」の店長が送る、ペットの事、ペットの食事、盲導犬ボランティアの事を書いていくブログでございます。

2006-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10.ジャーマン・ワイアーヘアード・ポインター

図鑑No.10

名前:ジャーマン・ワイアーヘアード・ポインター


原産国:ドイツ

大きさ:大型犬

カラー:白地にレバーの斑、レバーにホワイトの斑、レバー単色

歴史:ドイツ名をドイチェ・ドラートラハールという。優れた訓練しでもあったドイツ人が猟犬の理想像をめざして、目をつけたのがこの犬。ポインターとフォックスハウンドとプードルの長所を交配や技能訓練を通じて全てを注ぎ込んだ。その結果、丈夫な被毛とどんな獲物の隠れ家にも勝ち向かう勇気を持つようになった。



性格:サービス旺盛で、訓練好き
スポンサーサイト

9.ジャーマン・ショートヘアード・ポインター

図鑑No.9

名前:ジャーマン・ショートヘアード・ポインター


原産国:ドイツ

大きさ:大型犬

カラー:レバーの単色、レバーにホワイトかグレーホワイトの斑

歴史:祖先犬は中世のオイゼル犬(ヨーロッパ大陸のポインター)17世紀ごろドイツに輸入された。ドイツ人はこの犬のポイント能力では満足せずブラッドハウンドの血を加えた。このことで嗅跡追求(獲物の臭いの後を追いかける事) 能力と運搬能力が高まり、万能鳥猟犬として完成された。小型の獣猟にも使用される。




性格:警戒心が強く番犬に向いている。

8.イングリッシュ・ポインター

図鑑No.8

名前:イングリッシュ・ポインター


原産国:イギリス


大きさ:大型犬

カラー:白地にブラック、レモン、オレンジ、レバーの斑

歴史:イングリッシュポインターは「ポイント」をする最初の犬種だ。ポイントとは獲物の臭いを嗅ぎつけ前脚の片方を上げて、獲物の場所をハンターに教えるしぐさの事を言う。この犬種についてはもっとも古い記録は1650年頃のイギリスの文献だ。て鉄砲による鳥猟が始まる数年前の事で、その頃からこの犬種が使われていたというのは興味深い。




性格:献身的で従順

7.ウェルシュ・スプリンガー・スパニエル

図鑑No.7

名前:ウェルシュ・スプリンガー・スパニエル


原産国:イギリス


大きさ:大型犬

カラー:白地に濃いレッドの斑

歴史:石器時代から狩りの良きパートナーであり、最初の猟犬と言われている。又殆どの猟犬のルーツとも見られている。耳の形や体型から。在来のスパニエルとグランバースパニエルとの混血ではないかとの説もある。原産はウェールズ地方。寒さにも暑さにも強い犬と知られ、熱帯地方の国でも飼育されている。



性格:他の動物達にも優しく、番犬に向いている。

6.アイリッシュ・ウォーター・スパニエル

図鑑No.6

名前:アイリッシュ・ウォーター・スパニエル


原産国:アイルランド


大きさ:大型犬

カラー:レバーの単色(暗褐色のレバー)


歴史:7~8世紀のアイルランドの遺跡から良く似たタイプの頭蓋骨が出土しており、かなりの古い犬種である事が解る。又中央ヨーロッパの後期石器時代や青銅器時代の古い湖からも良く似た頭蓋骨が頭蓋骨が発見されている。古代ローマには、アイリッシュウォータースパニエルと似た犬の彫刻が残されている。



性格:

5.イングリッシュ・スプリンガー・スパニエル

図鑑No.5

名前:イングリッシュ・スプリンガー・スパニエル


原産国:イギリス


大きさ:中型犬

カラー:白地にレバーかブラックの斑・ブラック&タン&ホワイト・レバー&タン&ホワイトの三色毛



歴史:もっとも古いスパニエルの一つ、陸地の猟に用いられるスパニエル(ランドスパニエル)を改良して作られた。猟銃が発達する以前すばらしいスピードで駆け出して網に追い込んだりした犬が祖先だ。猟銃の時代になっても、獲物を運搬する能力やスピードが高く評価された。


性格:物覚えがよく従順

4.イングリッシュ・コッカー・スパニエル

図鑑No.4

名前:イングリッシュ・コッカー・スパニエル

原産国:イギリス


大きさ:中型犬

カラー:白地に様々な色の斑(パーティカラー)・ブラック&タン・レッド・オレンジ・レモンなど



歴史:殆どのイギリス産スパニエルは、ランドスパニエルを祖先犬に持つと言われる。イングリッシュコッカーもランドスパニエルが祖先犬だ。イギリスのウェールズ地方では、17世紀頃からヤマシギ猟に用いられ「コック(シギ)」をとることからコッカーと呼ばれるようになった、アメリカンコッカーの直接の祖先犬である。


性格:おとなしく、利口。

3.アメリカン・コッカー・スパニエル

図鑑No.3

名前:アメリカン・コッカー・スパニエル

原産国:アメリカ


大きさ:中型犬

カラー:ブラック(単色またはブラック&タン)・アスコブ・パーティーカラー・ブラウン・ブラウン&タン・ブラック&ホワイト&タンのトライカラー


歴史:1620年イギリスからアメリカに向かうメイフラワー号には、最初の移民と共に二頭の犬が同乗していた。そのうちの一頭がコッカースパニエルだったと言う。その後も移民たちの手で持ち込まれ続けたコッカースパニエルの中に頭部が丸く、マズルが短い小柄な犬がいた。このタイプが愛玩犬として飼育され、アメリカンコッカーとなった。


性格:活動的で、作業欲が旺盛。

2.クランバー・スパニエル

図鑑No.2

名前:クランバー・スパニエル

原産国:イギリス

大きさ:中型犬

カラー:白地にレモンかオレンジの斑

歴史:スパニエルの中でも最も古い犬種の一つ。フランス原産説もある胴長で、脚が短く重心が低いのはバセットハウンドの影響、大きくて重量感のある頭の形はアルパインスパニエルの影響と言われるが。正確な祖先犬は不明だ。イギリスの元国王ジョージ5世やその父エドワード7世もこの犬種の愛好家として有名である。


性格:飼い主に忠実で、穏やかな性格をしています。

1.ブリタニー・スパニエル

図鑑No.1

名前:ブリタニー・スパニエル

原産国:フランス

大きさ:大型犬

カラー:白地にオレンジかレバーの斑

歴史:殆どのスパニエルはイギリスが原産だがブリタニーはフランス北部のブルターニュー地方が原産との説がある。ブルターニュ族が飼っていたアーガスという犬の子孫だと言うものだ。元々スパニエルの出身地はスペイン地方。その犬の子孫、フレンチスパニエルが直接の祖先犬と言われる。

性格:陽気で人見知りをしない。

 | HOME | 

FC2Ad

 

ブログ内検索

月別アーカイブ

最近のトラックバック

最近のコメント

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。