Dogcat.jp 店長日記

このブログはペットフードショップ「Dogcat.jp」の店長が送る、ペットの事、ペットの食事、盲導犬ボランティアの事を書いていくブログでございます。

2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

講習会で。

先日の講習会で獣医学の部分で「外耳の病気」の事で授業を予定していましたのですが、予定が変更になり、

「BSEとペットフードについて」に変更になりました。


何故変更になったと言うのかは、講師の獣医さんがアメリカ産の牛肉の輸入が再開になったので、気になって調べた事を授業で遣りたかったのこと。


BSEは取りあえず犬や猫達にマダ感染や感染例の報告無いので、

マダ何ともいえない状態ですが、

病原体のプリオンが感染している部位の入ったペットフード

を食べたペット達はどうなるか?解らない為注意しましょうの事

原材料にはMEAT&BONEMEAR(肉骨粉)MEATMEAR(肉粉)と
表示されている事があるそうなので気になる人は確認してみてはどうでしょうか?
スポンサーサイト

明日は

明日は月一回行われている「ペットと飼い主さんのための健康クラブ」
と言う講習会に大阪府守口市に行ってまいります。
今回の講習内容は
①分子栄養学「酵素Ⅲ」

②「心臓の病気についてⅢ」

③温灸士講座「ツボの診断法」

④獣医学「外耳の構造と病気」

と以上4講座でございます。

参加者の殆どは同業者の方で、途中休憩や食事の時間があるのですが、
色んな話をしてくるので面白い話があったら更新します。

人気ブログランキングに参加中です。クリックしてもらえると嬉しいです。ポチッと押してください宜しくお願いします。

149:グローサー・シュバイツァー・ゼネンフント

図鑑No.149

名 前:グローサー・シュバイツァー・ゼネンフント

原産国:スイス

大きさ:大型犬

カラー:ブラック&タン。足先、尾先、胸、頭から口吻に白い斑が入ります。


歴史:何百年もの間スイスの山村で荷車引きや家畜追いをしていました。絶滅したと一時思われましたが20世紀初めに再発見され、仕事犬、家庭犬に






性格:


人気ブログランキングに参加中です。クリックしてもらえると嬉しいです。ポチッと押してください宜しくお願いします。

昨日のセミナー

昨日さいたまにセミナーを受けに行ってきました。

セミナーの内容は「アロマレメディの効果」と「
ブリーダー」と「皮膚病」でした。

今回の記事は皮膚病について書こうと思います。

痒みに伴う皮膚病の原因の殆どは

①感染症と②アレルギーによるものです。

①アレルギーの原因は体質、遺伝、環境によって発症する場合があります。
対策は、「環境の改善、添加物等が無い食事等をする」等が、が上げられるのですが、お店で取り扱っているソリッドゴールドのフードやSGとアズミラのサプリメント、シーミール、オメガ3やガーリックエイド、アレルゲンフリーなどを与えてあげるとアレルギーによる痒みを抑えてくれることがあります。



②感染症の原因は皮膚糸状菌、農皮症、マセチヤ皮膚炎、

疥癬虫、毛皮虫の五種類ほどの原因が挙げられます。

対策は、動物病院で原因は何なのか突き止め、原因が皮膚糸状菌、農皮症、マセチヤ皮膚炎の場合酸性の殺菌効果のあるシャンプーを、疥癬虫、毛皮虫が原因の場合はアルカリ性で皮膚が角質溶解するシャンプーを使い分け、対応するのが一番の対策だそうです。

何故、酸性もしくはアルカリ性のシャンプーを使うのかというと、
原因の皮膚糸状菌等が皮膚の角質に入り込んでいるか居ないかで、
シャンプーの使い分けをします。

まずは動物病院にて、痒みの原因を付き止めるのが最優先となってきます。


なお、この記事は受講した事を書き込んでいますので、いたらない事があると思いますが、ぜひ参考にしてください。


25日の講習会で・・・。

docu0004.jpg


先日の大阪の講習会に参加した際に
「分子矯正医学講座ベーシックコース認定書」を貰いました。

これは講習会の最初にやる分子栄養学の授業を一定期間受講すると貰えるものです。

講習会に行き始めて約1年たちますが、結果が形になるとうれしいものです。

 | HOME |  »

FC2Ad

 

ブログ内検索

月別アーカイブ

最近のトラックバック

最近のコメント

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。